世界フィギュア選手権男子/高橋大輔、優勝!!

 昨夜はずっと起きてて、朝5時からのライブ中継を見届けました。素晴らしかった、高橋選手!見事でありました。序盤にある4回転フリップは残念ながら回転不足となりましたが、きっちりとプログラムに入れてきてくれたことがうれしい。果敢にトライする姿勢なくして、真の勝負に勝つ事はありえないし、観ているものに大きな感動を与えることはできないのですから。
 
 私の大好きな作曲家であるニーノ・ロータの傑作の一つであり、最も好きな映画監督の一人であるフェリーニのこれまた傑作「道」からの音楽「ジェルソミーナのテーマ」を使い、主演のジュリエッタ・マッシーナとアンソニー・クインの忘れられない名演技を氷上に蘇らせた高橋選手の表現力の高さには、バンクーバーの時点でも心底感動させてもらったし、今回その集大成の演技での優勝には、いくら賛辞の言葉を贈っても足りないと思う。

 私はバンクーバー五輪でも本当は高橋が総合2位で銀メダルであり、フリーでは圧倒的に1位だったと思っているので、本大会での優勝は当然とも言える。が、SP2位のパトリック・チャン選手がリスク回避による4回転抜きのノーミスで、「ライサチェック的」高得点を獲得する危険が十分あったので、やはり高橋が最後まで滑り切るまではドキドキのしっぱなしではあった。

 だが、さすがの審判団もあれだけの完成度を高橋に見せつけられては、10点以上の大差をつけざるを得なかったということだろう。

 そして、3位に入ったフランスの「ミスター4回転」ジュベール選手は屈辱のバンクーバーから見事に立ち直り、フリーでは2回の4回転を決めた。これはやはりしびれたよ。だが、その後思わぬ転倒などで、後半失速した感があった。ただ、個人的にはチャンよりもジュベールを高く評価したいし、彼の凄さを再確認できたことはうれしい。

 小塚選手は残念な10位だった。オリンピックでの滑りから大いに期待していたのだが、表彰台が近くに見えた段階で、何かが崩れたとしか言いようがない。ただ、これを乗り越えてこそ勝者の道があるはず。4年前のトリノ五輪での高橋がそうだったように。

 とにかく、大けがによる苦難を経て、バンクーバーで銅、トリノで金を獲得し、観ているものに納得のパフォーマンスを見せてくれた高橋選手を大絶賛したい。優勝、本当におめでとうございます!
[PR]
by harukko45 | 2010-03-26 16:12 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31