MAKI/渋谷7thFloor

 昨日(12日)は約一年ぶりにMAKIさんとのライブでした。それも、私のピアノのみでのバッキングという形も久しぶりでした。
 
 2日前のリハーサルで再会した時にはお互いに元気なことを確認したわけですが、私が昨年ぐらいまでよく出させてもらっていた荻窪のライブハウス「ヴェルヴェット・サン」の経営形態が変わり、これまでの仲間は離れてしまったことや、活動休止してしまう人たちがいる事を知り、とても驚いたのでした。
 でも、MAKIさん自身はそういったことを乗り越え、自分の道を切り開いていっている様子で、実にたのもしい限りでありました。
 また、そういった彼女の吹っ切り感や強い自覚から生まれてきたのであろう、私が初めて演奏する新曲達になかなか光るものが感じられたのでした。おかげで、私もとても興味深くピアノに取込む気持ちになったのでした。

 で、12日の本番では、3バンド・ジョイントのトップ・バッターであり、多少緊張感があって堅くなっていた部分もあったのですが、基本的には二人で考えてトライしようとしたことは、ほぼ全てこなせたように思っています。おかげで、無事に終わったあとは気持ちのいい充足感と開放感がありました。

 m1.想いのカケラ〜m2.真夜中のライダー m3.心つないで〜m4.Red Eye m5.素直〜m6.rebirth m7.ココロ×ココロ

 私にとっての新曲はm2,3,6でしたが、昨年の秋に彼女が作ったニューアルバムに収録されてアレンジをベースに、いろいろと発想のおもむくままにプレイしてみたので、バンドによるスタジオ版とはだいぶ変わった外見になったかもしれません。
 特にm3は内容的にとても深みを感じさせる曲だったので、けっこう燃えました。これは、MAKIさんの代表曲にもなりうる佳曲だと思います。
 それと、m6は16ビート系のファンクっぽい曲ですが、どちらかというとハーフ・グルーヴでのラグタイム風とでもいう感じでまとめてみました。個人的にはかなり楽しかったですが、実際にお客さんの前でやってみると、もっといろいろ細工をしてみたくもなりました。次回までに練ってみたいと思います。

 さて、とりあえず1年ぶりのライブは無事終わりましたが、今後まだ続きます。とりあえず4月にもう一度東京であり、5月の連休明けには関西方面3カ所のツアーにも行きますので、今後の音楽的な進展がちょっと楽しみになってきました。
[PR]
by harukko45 | 2010-03-14 00:58 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31