NFLポストシーズン#2

 私用でしばらく留守にしており、コンピューター環境からも離れておりました。

 さて、前回の更新がNFLポストシーズンでしたので、続けていかないと。すでに、ディビジョナル・プレイオフも終了し、ベスト4が出揃っているのに、今更ワイルドカードを振り返るのもいただけないですが、手短にしますのでお許しを。

 NFCの2試合。NYジェッツとシンシナティの対戦は、ジェッツの快勝。1Qに先制されても、その後シーズン最終戦からの勢いそのままに見事なゲーム・コントロールでの逆転勝利。二人のルーキー、QBサンチェス、RBグリーンの活躍が光ったオフェンスといい、リーグ1位のディフェンス陣も数字通りの実力を見せてくれた。
 シンシナティはQBパーマーが不調、期待していたWRオチョシンコも全く封じられて不発。そして、キッカーのグラハムがFGを2回外すとはね。

 ダラスとフィラデルフィアの試合は、予想通りダラスの圧勝で、正直つまらなかった。まぁ、ダラス・カウボーイズを昔からあまり好きじゃないせいだろうけど。
 それにしても、2Qで27点も取られちゃね。ダラスに先制された直後に、マクナブではなくビックが登場し、驚きのパスで同点となった瞬間は大いに盛り上がったが、その後のフィラデルフィアには全く見るべきものなしで、ほんとガッカリだった。

 AFCでは、まずNEの敗戦がショック。それもホームで、第6シードのボルティモアに完勝を許す屈辱的な結果は、非常に後味が悪い。とにかくQBブレイディが3インターセプト、1ファンブルと大乱調では勝てない。確かにWRウェルカーの負傷欠場が大きく響いたが、彼への比重が重すぎた戦力・戦術にも問題があったのでは。もちろん、ボルティモアのディフェンスをほめるべき部分も大きいが、それでも華麗なる攻撃で圧倒するNEを見たかった。

 そして、グリーンベイとアリゾナの一戦は、期待通りの好ゲームでの大熱戦で、ワイルドカード4試合中のベストゲーム。私は攻撃のアリゾナ、守備のグリーンベイと簡単な図式で考えていたが、グリーンベイのQB、アーロン・ロジャース君!素晴らしかった。すみません、これまでファーヴの控え的イメージが強くって、ついつい軽く見てしまっていた。
 でも、彼の最初と最後のファンブルロスがあまりにも象徴的。始めてのポストシーズンでの緊張からか、いきなりアリゾナに先制を許すターンオーバーと、せっかく同点となりオーバータイムに持ち込んだのに、そこでのターンオーバーによる負けは、ファンには大きな失望だったろうな。

 前半はアリゾナの快調な攻撃が冴えて楽勝ムード。後半も、昨年のスーパーボウルを思い返すかのようなQBワーナーからWRフィッツジェラルドへの見事なTDパスが決まり、すっかり「ハイ、オシマイ」って感じだったのだが、そこからのグリーンベイが本当に凄かった。
 ロジャースの活躍はワーナーをも圧倒するもので、がんがんグリーンベイが挽回、次々とTDを奪い取って、ついに4Q残り11分、38-38の同点にしてしまったのだ。しびれました。
 最終盤でも、両チームTDを取り合い、何と総得点が90点に達するとは!

 で、ドラマは続く。残り14秒でのアリゾナのFGのチャンス、これを決めればこの大乱戦を勝利できるはずだったが、なんとキッカー、ラッカーズがまさかのミス。なんか今年はキッカーが災難続きだなぁ。(この後、サンディエゴのキッカーが!!)
 これで、オーバータイムに突入し、なおかつグリーンベイが最初の攻撃権を取り、アリゾナにとっては絶体絶命のピンチだったわけです。

 そこに前述のターンオーバーによるあっけない決着。ちょっと運も味方した感じのアリゾナの勝利に見えた。だが、この時のディフェンスのプレイは試合最初にターンオーバーを成功させたものと同じコールだったことを、決勝TDをあげたLBダンズビーがインタビューで語っているのを聞き、再びNFLの高度で緻密な戦術・戦略と大胆な決断力を発揮したベンチワークに感動であった。

 引退を噂される38歳カート・ワーナーは今年も素晴らしかったが、ファーヴの控えを脱して、今シーズンようやく実力を見せた26歳アーロン・ロジャース(A-Rod)にはこの悔しい経験を生かしてほしいし、今後も注目したいと思う。

 遅ればせながらワイルドカードでした。


 
[PR]
by harukko45 | 2010-01-19 17:48 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30