NFLポストシーズン

 いよいよNFLのポストシーズンが近づいて、いろいろワクワクドキドキして落ち着きません。

 とりあえず、現地9、10日に両リーグのワイルドカード4試合があるわけですが、私はNHK-BSにて観戦するので、ライブでは見れません。結果を知りながらの映像待ちってところですが、それでも楽しく奥深いフットボールの世界、毎シーズン興味は尽きません。

 AFCのシード3のニューイングランド・ペイトリオッツ対シード6のボルティモア・レイブンス。とにかくプレイオフ常連で、常に優勝候補に名前の上がるNEではあるが、WRウェルカーの欠場が何としても痛い。さすがのスーパースター、QBブレイディも不安を語っている。ただ、ブレイディともう一人のスーパースター、WRモスとのビッグプレイは健在であり、やはりNE勝利を期待したい。というか、祈ってます。

 シード4のシンシナティ・ベンガルズ対シード5のニューヨーク・ジェッツは、前節のレギュラー・シーズン最終戦と同じ組み合わせ。最終戦にプレイオフ進出を賭けて戦ったニューヨークは手の内を全て見せてしまった感じ。シンシナティは余裕でメンバーを落としたりしていたので、ここは当然シンシナティ有利。注目はシンシナティのWRオチョシンコ。彼は面白い。

 NFCのシード3のダラス・カウボーイズ対シード6のフィラデルフィア・イーグルスも最終戦と同じ組み合わせになった。前節での戦いを見る限り、チーム状態は圧倒的にダラスが良い。正直、この時のフィラデルフィアは何をやっても全くだめだった。わずか1週間で、再びダラスのホームでの戦いに勝利するだけの力が蘇ってくるかどうか。で、ダラスの勝利かと。

 シード4のアリゾナ・カーディナルズ対シード5のグリーンベイ・パッカーズはQBカート・ワーナー率いるアリゾナのパス・オフェンスとグリーンベイの強力ディフェンスの対決という構図で、わかりやすく、4試合の中で一番興味深い。個人的にはワーナーとフィッツジェラルドによる華麗なパス攻撃を楽しみたいが、アリゾナにはレギュラーの怪我人が多いようで、なかなか簡単にはいかないようだ。
 そうなると、終盤調子が上がってきたグリーンベイが優位かもしれない。が、アリゾナの勝利を期待します。
[PR]
by harukko45 | 2010-01-08 00:38 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31