「やっと買いました」のCD(2)

e0093608_1610936.jpg ジャック・ホワイトの新・新バンド/The Dead Weatherのデビュー・アルバムは今年7月にリリースされておりましたが、私は最近購入いたしました。

 現役若手ロック・ミュージシャンの中で唯一愛しているジャックが、ホワイト・ストライプス、ラカンターズに続いてまたまたニュー・プロジェクトを結成したとのニュースには正直、一瞬ひきました。だって、ホワイト・ストライプスとラカンターズだけでも十二分に凄いんだから、そのままでいいじゃん、と思ったからですが、この一瞬の「?」により私は前にラカンターズを過小評価するという間違いを犯しておるわけで、天才ジャックのやることはこっちの感性などを遥かに越えているはず。

 というわけで、2ヶ月遅れで買ってすぐにまんまとハマっております。ジャックの才能とその進化のスピードに、オジさんとしてはちょっとついていけてない部分もあるのですが、彼のやっている音楽そのものは相変わらず最高です。ここ数年、毎年違ったフォーマットでアルバムを発表している(2005,2007/White Stripes, 2006,2008/The Raconteurs, 2009/The Dead Weather)のは、彼の仕事の異常なる早さ(ほぼ2週間ほどでアルバムを仕上げてしまう)によるのですが、それにしてもその質が非常に高いのに驚かされますし、それはファンとしては大いなる喜びでしょう。

 また、どのアルバムにも一貫してあるアナログへのこだわり、ブルーズやカントリー、60〜70年代のロックへの造詣の深さには毎回感心させられますし、「普通にアンプにギターを繋いで、普通にギターを演奏して、普通に歌を歌ったら、あんなおぞましいキラキラとした音は出ない」という発言に代表される、現代のポップスの過剰なマスタリングへのアンチテーゼも首尾一貫しておるのです。

 さて、今回のDead Weatherにおいては、ギターよりも主にドラマーとして参加しているのですが、これがまたなかなかで、これはもう天性のものとしか言いようがありませんな。

e0093608_1840041.jpg それと、カヴァーとしてボブ・ディランの"New Pony"をやっていて、個人的には驚きと喜びの選曲(White Stripesでのバカラック、パティ・ペイジに比べれば比較的普通か?)。ディランの1978年リリース"Street Regal"は大好きなアルバムなのですが、一般的な評価ではダサーいジャケット写真のせいもあってか、あまりかんばしいものではなかったと記憶しています。しかし、ジャックはちゃんとその良さをわかっているというか、素晴らしくカッコよくカヴァーしてくれました。
 でもって、久々に"Street Regal"を引っ張りだして聴いてみると、これがまたまたやっぱ良い!

 ホワイト・ストライプスの"Icky Thump"、ラカンターズの"Consoler Of The Lonely"もヘビーローテイションに復帰です。ロック最高!
[PR]
by harukko45 | 2009-09-19 18:42 | 聴いて書く

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30