安倍なつみ/河口湖ステラシアター

 終わったー!2ヶ月半に及んだ安倍なつみさんの夏ツアーのファイナルが無事に終了しました。
 昨日の本番は、ほんとに素晴らしい時間でした。会場も良かったし、演出も良かった。来てくれたファンの方々の熱い声援も素晴らしかったし、ツアーに何回も足を運んでくれた人たちの顔もよく見えて、それが妙にジーンとしてしまいました。なんだか、共にここまで来てくれたという気持ちになりましたし、彼らもちょっと特別な感慨を持って観てくれていたのでは、と勝手に想像してしまい、ますます熱い気分になりました。
 もちろん、初めて観た人、久しぶりに観に来てくれた人たち、また時に辛口の方々もこのファイナルはかなり楽しんでくれたのではないでしょうか。

 そして、私とともにバックをつとめてくれたメンバーたちを大絶賛したいと思います。
 この日のためだけに参加してくれたストリングスの上保朋子さん(Violin)、栗山奈津さん(Viola)、唐沢彩子(Cello)さんの3人はショコラとしても活躍中の名手ですが、都留さんを加えたカルテットによる効果は抜群で、ストリングス・アレンジをしていた日々の苦しかった気持ちが、一瞬にして大いなる喜びに変わったのでした。

 リズム・セクションの濱田尚哉さん(Drums)、六川正彦さん(Bass)、Asamiさん(Perc)のグルーヴィな演奏はいつものことですが、それでも今回はワクワク感をさらに感じさせてくれて、ものすごいプッシュをしてくれていました。おかげで楽しくってたまらない気分で後半は盛り上がってしまいました。本番中、となりでマー坊さんも「楽しいー!」って何回も言ってました。

 そして、いわゆる上もの、徳武弘文さん(Guitar)、ツルノリヒロさん(Violin、Accordion、Mandolin)、後藤輝夫さん(Sax、Flute、Perc)の3人はまさにこのチームのクリーンアップ・トリオであり、彼らの個性豊かで強力な演奏が全体をものすごく豪華に引き立ててくれたのでした。

 そしてそして、なっち本人の頑張りは圧倒的に素晴らしかったです。それでいて、力んでガムシャラにならずに、しっかりメリハリをつけて全体を仕切っていく度胸と落ち着きには再び感心しました。この人はまだまだ伸びていきますし、ただのアイドルでは終わらないタレントを持っていると強く思います。

 さて、実はコンサート終了後、その出来の良さにみんなテンションが高かったのですが、その流れでささやかながら、なっちの早めのバースディもお祝いしたのでした。これまたなかなかの感動ものでしたなぁ。

 だいたい、「雨が夕方から降るかも」的天気予報も吹っ飛ばしてしまった安倍さんの「晴れ女」パワー、お見事。大橋純子さんも強力な「晴れ女」なのですが、これは北海道出身者の共通する能力なのか。それにしても、ずっと晴れてくれて良かった。最後の花火もビシっと決まったから、これは超感動ものでした。(これは安倍さんには全くの内緒でした。)

 長かったツアーが終わってしまい、寂しさもありますが、今はやり遂げられた満足感の方が強いですね。思い返せば、大きいところから小さいところまで、いろんなシチュエーションで演奏しました。音響の良い大きい会場での演奏も楽しかったけど、小さいところでの会場中が一体となった瞬間も素晴らしかったなぁ、とか、行く先々でいろんな名物を食べさせてもらったなぁ、などといろいろ思い出が残ります。

 とにかく、ここまで出来たのは、影で頑張ってくれて支えてくれたスタッフ全員の力と会場に来てくれたファンの皆さんのおかげです。本当に本当にありがとうございました。


 
[PR]
by harukko45 | 2009-08-09 11:18 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31